おまつり騒ぎ

絆の向かいの特別養護老人ホーム メドック東浦さんの祭りに参加しました。赤ちゃんから、子ども、若者、お年寄りまで、たくさんの人が集まって、すっかり地域の祭りとしても定着です。イベントも、毎年レベルアップ。6歳の孫が、スイカ早食い競争で優勝して、久々に興奮しました。私も、とても有名な(?)お笑いの方と写真を撮っていただきました。今度は、私たちの絆まつりの番です。メドックさんのように、豪華でかっこよくはできないけれど、みんなの手作りで勝負です。ぜひ、遊びにいらしてくださいね。絆まつりは、9月9日(土)11:00〜14:00開催で〜す。

 


もう一つの誕生日

平成6年7月7日に設立した「東浦くらしのたすけあい絆」は、平成13年8月8日、法人格を取得し「NPO法人絆」になりました。数字に弱い私でも忘れることがないように・・・と、いつも計ってくれたような日にちです。末広がりでよかったね〜とみんなで喜んだのがつい昨日のことのよう。おかげさまで、会員さんの数は広がって・・・。平成28年11月4日には「認定NPO法人絆」になりました。あと1週間遅かったら・・・なんて贅沢なことは申しません。歴史を積み重ねていくことは、嬉しくて感謝なことだけれ、ちゃんと人との絆を大事にしているか、自分たちの役割を見失っていないか・・・夏太りは棚に上げて、ちょっと身が引き締まる思いです。


ラジオ体操

夏休みといえば、外せないのはラジオ体操。朝寝坊したいところを叩き起こされ、寝ぼけ眼で参加したのにも関わらず、偉そうに出席のスタンプの数を皆で競い合ったものです。でも、近頃はラジオの音が迷惑になるからと、小学生も3日程度のみの開催と聞きました。今朝のニュースでも、ご高齢の皆さんが健康のために行っている集まりに苦情・・・ということで、音を下げ、静かにラジオ体操している不思議な様子を見ました。世知辛い世の中だと人ごとのように嘆くのは簡単ですが、実際、東浦でも同じような話を聞いたことがあります。支え合いのまちづくり、地域づくり・・・は、一筋縄ではいかない、実に挑戦しがいのあることですね。


夜カフェ

7月15日(土)夜。トレーラーハウスにて、活動者さん対象の第1回「夜(寄る)カフェ」を開催。担当ボラさん作の美味しい料理をつまみに、お酒をいただきながら、とっても楽しい交流ができました。どのくらいの人が集まるかわからないだけに、準備も大変だったと思いますが、そんなことはおくびも出さないボラさん達の笑顔が、一番のご馳走だったかもしれません。次は、私もない腕を振るおうと思いつつ・・・こういう集まりが、絆を超えて開催できたらいいなぁと、夢はどんどん広がります。

住民パワー

今日は、知多市から「居場所・サロンづくり現場見学」ということで、24名の住民の方がいらしてくださいました。熱心に見学し、話を聴いてくださり、質問も次から次に・・・。特に、年配の男性が10名ということで、頼もしいこと、心強いこと。どの方も本当に活き活きとされ、改めて住民パワーの可能性は無限大だと思いました。東浦町でも、地区ごとに特徴のある居場所作りが進められています。住民のパワーが当てにされる時代です。期待に応えて、大いに楽しく盛り上がりましょう!!

今日は誕生日

平成6年7月7日、東浦町に「東浦くらしのたすけあい絆」が誕生しました。今日から24年めの歩みが始まることになります。その後、平成13年には法人格を取得し「NPO法人絆」となり、昨年「認定NPO法人絆」になりました。少し、呼び名は変わっても、「困った時はおたがいさま」の心は変わることなく続いていること、多くの皆さまに支えられていることに、ただただ感謝しています。今日は七夕。昔より星の数が減ったように見える夜空でも、空の上の上には変わらず星が瞬いていることでしょう。私たちも、見えることだけでなく、見えないことにも心を留めながら、これからの一歩一歩を進めていきたいと願っています。

古い奴

「ママ、インターネットのない世界なんて考えられる?」「ママは、そういう世界に生きてきた」こんな笑い話を地で行く世代の人間です。わからないことがあったら人に聞く、辞書を引く、図書館に行って調べる。用事があったら手紙を書く、家族の前で黒電話、人に会う、意見を交わす。3人寄れば文殊の知恵も、グループラインとはちょっと違う印象です。インターネットはなくても、それなりに皆が育った時代、育んでいたのはコミュニケーションのノウハウだったのかもしれません。古い奴とはお思いでしょうが、私は今でもインターネットより、人が好き。直接コミュニケーションが取りたくて、おいそれと飲み会にも参加しています。・・・ラインの交換もね♪


佐々木さんのエプロン

そのデイサービスのスタッフさんの佇まいが、なぜそんなに凛として、なぜそんなに温かい雰囲気を醸し出すのか・・・。ずっと、不思議に思っていました。実は、お茶とお花の先生だったと伺って納得。でも、ある時、ふっと気がついたのです。エプロンでした。いつも、その方のエプロンだけは、新品のようにピシッとアイロンがかかっています。「ご利用者さんへの敬意」「仕事ができる喜び」「ちゃんと頑張ろうという意気込み」・・・エプロンのことでお声をかけた時にさりげなくおっしゃった言葉に、胸がいっぱいになりました。今年の3月まで・・という退職を、今日まで無理を言って延ばしていただきました。佐々木さんが、最後の日と思うと、今日は何をしていても涙が出て困ります。出会えて幸せでした。お疲れさま。本当にありがとうございました。

 

半泣きの山崎と・・・


誰にでも・・・

いよいよ、明日は「平成29年度の通常総会」です。毎度のことですが、今週は毎晩遅くまで資料を作り、発表の段取りもできました。ただ、総会後は、NPO法人チャレンジドの辻直哉さんの講演会。「障がいがある人もない人も共に暮らしやすい街を目指して」と題して、「障害者差別解消法」のお話をしていただきます。辻さんは、脊髄損傷のために障がいをお持ちです。明日もヘルパーさんとご一緒に、絆の総会からご参加くださいます。だからというだけではないのですが、事業報告を、資料をペラペラめくらなくてもいいようにできないか・・・と、朝起きたら思いついてしまいました。急遽、原稿を作り、事務のスタッフにパワーポイントにしてもらいました。写真を入れて、それは見やすい素敵な資料に、心から感謝しています。障がいがある人にも、そうでない人にも、見てもらいやすい、イメージしてもらいやすい、よい報告ができるのではないでしょうか。講演会は、会員でなくても、どなたでも参加していただけます。ぜひ、懇親のパワーポイントを見に来て下さい!! 5月27日(土)13:00 〜 14:00 総会        14:15 〜 15:30 辻直哉氏 講演会        ハンドベル ラソの演奏もありま〜す♪

F

健康診断の眼科の結果で、Fをいただきました。ただ、何より驚いたのは去年もFだったこと。緊急に受診するようにとのあり難い忠告も2年越しに先延ばしし、ちょっと見え辛くなって、ようやく受診。結果は、案の定、あまりよいものではありませんでした。ただでさえ不器用なのに、見えなくなったら・・・と思うと、当たり前の景色が急に愛おしくなります。そして、まず何をしよう、と開き直った自分もいます。この連休は、家の棚をあちこち整理。買っただけのペン習字の復活と、ピアノでエリーゼのために・・・の45年ぶりの練習。今日は、久々のブログの更新・・・こうして、心にかかっていたことを一つ一つ進めていくのは、やっぱり嬉しいことですね♪


〒470-2102
愛知県知多郡東浦町大字
緒川字北赤坂35番地の1
TEL 0562-83-7563
FAX 0562-83-7518

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

最近の記事

お問合せ

カテゴリ

アーカイブ

リンク

プロフィール

ブログ内検索

QRコード

qrcode